女性

最近増えている納骨堂について【お墓よりもメリットが多い】

増加の傾向にある

墓地

安心できる

近年お墓の悩みを持つ人が増えています。これからお墓を購入しようとしている人は現代の墓地の不足も心配の種となっています。また、先祖代々のお墓を持っている人でも、自分がいなくたった後にお墓の面倒を見てくれる人がいるかどうか、いたとしても負担をかけることになるなど様々な悩みを抱えています。そんな状況を背景として、最近は永代供養に注目が集まっています。永代供養は、永代に渡って供養をしてもらえるという供養の形です。この永代供養を行っている寺院などは全国的に増えていますが、京都でももちろんその傾向は同様です。京都の寺院で行っている永代供養は、毎年の元旦に供養してもらえる、五回忌までは年忌法要などを行ってくれるなど、その形もいろいろあるようです。いずれにしても、永代供養を申し込めば、その後のお墓の面倒などの心配はしなくても済むというは間違いないでしょう。

これからのお墓になる

全国的な墓地不足だと言われている現在ですが、お参りができる範囲に墓地があり空きがあったとしても、購入金額を考えると躊躇してしまう人も多いようです。特に都市部など交通の便利な場所だとなおさらです。そこで最近は墓地の購入よりも費用をおさえることができるとして、永代供養を行ってもらえる納骨堂などに遺骨を埋葬する人も多くなっているようです。京都で永代供養を行っている寺院では、お天気に関係なくお参りができる屋内の納骨堂をはじめとして樹木葬やクリスタルの墓碑などいろいろな形があります。昔から京都には寺院が多くありますが、今まで行っていなかった寺院でも永代供養を行うようになったところも多くあるようです。墓石があり、お墓の敷地を持つという形ではありませんが、納骨堂などの施設もこれからは立派なお墓のひとつとして機能していくことになるかもしれません。